潔い気持ちで建てた自慢の一戸建て

我が家が土地を探して羽村市に理想の新築一戸建てを建てようと決めたのは、中野市でお世話になった注文住宅の工務店さんや、企業版ふるさと納税で節税する方法を教えてくれた周囲にいる人たちの影響が大きかったと思います。親しくお付き合いさせていただいている友人が家を建てたりしはじめたのです。家族にそれとなく相談してみると、やっぱりみんな熊谷市で木の家といえば戸建てに住みたいということだったので、オフィスにぴったりな本棚などの製作もしている宇都宮市で評価の高い工務店に相談し、我が家も思いきって一戸建てを建てることにしました。相模原市のオシャレなガーデンを造ることも憧れです。
そうはいっても、青梅市に夢の一戸建てを建てるまでの道のりはそれほど簡単ではなかったと思います。最初は土地の選び方もよくわからず、風水の本などを読んで研究しました。土地選びに関しては、基本的な知識はあったほうがよいし、ゴミ屋敷が近所にあると困るので、実際にその土地に足を運んでみるのがよいと思います。その土地を実際に見てみて、そのときに感じた正直な気持ちを大切にするようにしていました。購入の決め手となったのは、やはり緑が多い環境で日当たりがよく、平地にある土地だったからだと思います。
こだわりの注文住宅をつくる際には、家族から様々な要望がありました。夫は自分の趣味のレコードを置く部屋がほしいと言ったので、一階に夫のための部屋を作りました。また、子どもたちは家庭菜園にあこがれがあり、庭にミニトマトやきゅうりを植えたいと思っていたようです。そのため、土地の一部分に庭のスペースを作り、子どもたちが家庭菜園を楽しめるようにしました。
家を建てるまではあれこれと悩んでいたのですが、最後のほうにはだんだんと潔い気持ちになり、「一戸建てをがんばって建てて家族全員で幸せに暮らそう」と家族みんなが一致団結していたと思います。完成した家を目の前にしたときには感激の気持ちでいっぱいで、子どもたちもとても喜んでいました。
新しい家になってからは、夫も家事を積極的に手伝ってくれるようになり、子どもたちもお片付けをきちんとするようになりました。新しくてきれいな家だから、ていねいに暮らして家を大切にしたいとみんなが思っているようです。特に自慢のスペースは広めに設計したリビングで日当たりがよくお客様にも喜ばれています。

PR|

クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|


コメントする