ホーム » 交通事故を起こしても、丁寧に謝るのが大事

交通事故を起こしても、丁寧に謝るのが大事

交通事故を起こして困ったことは、自分の不注意で当てた車の運転手の人が、凄く怖くて面倒な人だったことです。また、その人が近所の人で、時々顔を合わさなければならないことがあるということです。その人と事故を起こしたとき、会社に遅刻してしまって、会社の人にも心配をかけましたし、家族にも黙っていたため、あとで怒られたことです。

車を当てた人が凄く怖い人なので、すぐに謝り、住所名前の交換、警察を呼びました。名前を交換したときに、相手が近所の人で家族をよく知っている人だったので、事故のことはひとまず許してもらえ、すぐに丁寧に謝ったのがよかったのだと思いました。また、事故を起こした日に、相手のお家にお詫びの品を持って、もう一度謝りに行きました。相手の奥さんも怖い人だったが、事故のとき謝った人があとから出てきて、奥さんに話して許してくれました。

事故を起こした相手がどんな怖い人であっても、すぐに丁寧に謝る姿勢を見せ、警察を呼べばどうにか解決できると思います。