ホーム » 交通事故の際、まず謝るはご法度

交通事故の際、まず謝るはご法度

私が先輩の車でお出かけしているときの話です。

仕事を終え、先輩とショッピングモールに行こうとルンルンだったんですが、

ショッピングモールを目前とした十字路で、軽自動車が右から突っ込んできました。

向こうからしたら、ただ右折しようとしただけだと思います。

ちなみに、私たちが走っていた道路の方が優先でした。

事故したときの処理として、警察、保険会社の人を呼びましたが、相手側はなぜか家族(父、母、兄)まで呼んでしまい、いかにもこっちが悪い雰囲気(相手側が悲劇のヒロインとばかりの空気)を出されました。もう少し、反省の色を出してほしかったという印象が心に残っています。

私は当時、免許を取得していなかったので、先輩が行動したことになるのですが、

先輩は断固として謝罪をしませんでした。

先輩曰く、”こっちが悪くないときは、絶対に謝らない。じゃないと、こういう事故の時はたった1つの謝罪が損をする”そうです。

私は自分の運転で事故をしたことがないので、それが正解なのかは分かりませんが、おかげで3:7でこちらが3割悪いということになりました。

それでも先輩的には納得はいってませんでしたが…。

しかし、もし謝罪をしていて5:5になっていたとしたら…

確かに腑に落ちない部分はあるだろうと思っています。

何か悪いことをしてしまったときに限らず、日本人は特に”まず謝る”ということが、根付いていると思います。

しかし、場合によってはそれが損を招くということは、当時の無知な私なりに勉強になりました。

むやみに謝るのは違います。

それは事故に関してだけではなく。